プロセス ドキュメントの生成

概要

Bonita BPM Studio でプロセスを開くと、プロセスの各要素のサマリーを含むドキュメントを生成できます。これは、プロセス報告書のようなものです。レポートの表現方法を示すエクスポート ファイルの形式設定を選択し、表示するロゴとそのピクセル サイズを選択します。

ドキュメントに何がエクスポートされるのか?

プロセス定義内の含まれた要素を参照できます。次の項目を含むドキュメントが生成されます:

  • BPMN 要素の説明
  • プロセス図の画像
  • アクティビティのリスト
  • アクター、タスク、シーケンスフロー、コネクタ、データ、データ型、推定所要時間、依存性、メッセージ、メッセージフロー、KPI などをグループ化して表した表
  • テンプレートの設定

生成されたドキュメントには、次の情報が含まれます:

  • コントラクトの定義
  • コンテキスト情報
  • フォームのマッピング
  • フォームの情報

エクスポートする前に、ポップアップ ウィンドウでプロセスの様々な要素をペーパー上で表現する方法を容易に設定できます。

ポップアップ ウィンドウ内のオプジョン設定では、次の項目を選択できます:

  • 異なる書式でレポートをエクスポート: .pdf, .doc, .html, .rtf, .ppt
  • BPMN 要素の説明を表示または非表示
  • 見出し色の変更
  • ロゴの表示

プロセス ドキュメントを生成する方法

  1. メニューバーに進み、[ダイアグラム] を選択します。
  2. ドロップダウン リストのメニューで [ドキュメントを生成…] をクリックします。

ポップアップ ウィンドウが表示され、その中でエクスポートするファイルに対し数多くのパラメータを設定できます。ポップアップ ウィンドウ内のオプション設定で次の項目を選択せきます:

  • .pdf, .doc, .html, .rtf, または .ppt のいずれかの書式でレポートをエクスポート
  • BPMN 要素の説明を表示または非表示
  • 空のプロパティの表示または非表示
  • 見出し H1 と H2 の背景色の変更
  • ロゴのサイズをピクセル(10-150 ピクセル)で定義
  • あなたのコンピュータ上のロゴの収納場所のパスの設定
  • ロゴを最初のページだけに表示するか、すべてのページに表示するか
  • 一度それらを設定したら、その後は[生成] ボタンをクリックするだけです

結果

プロセスに関するレポートが生成されエクスポートされます:

  • あなたが選択した書式で
  • あなたが選択した表現方法で
  • あなたが選択したコンピュータ上のロケーションに