Bonita BPM ポータル内のカスタム ユーザー情報

Bonita BPM Studio の組織で定義したカスタム ユーザー情報は、 Bonita BPM ポータル上の各ユーザーの [詳細…] ページ(システム管理者プロファイルでログインした場合のみ)に表示されます。

Bonita BPM Studio のアクターフィルター [Users with custom information] は、このカスタムユーザー情報を使用し、Bonita BPM ポータルでタスクを遂行できるユーザーをアサインします。

Bonita BPM ポータルでは、このカスタム ユーザー情報は、ユーザー単位にアクセスされ編集されます(システム管理者プロファイルのみ)。

注意: カスタム ユーザー情報が Bonita BPM Studio でセットされていない場合、Bonita BPM ポータルには、この情報は表示されませんが、手動、あるいはWEB REST API で追加・変更ができます。

注意: システム管理者は Bonita BPM ポータルで、カスタム ユーザー定義を変更できません。各ユーザーのカスタム定義値は変更できます。これは、システム管理者が異なるユーザーにタスクを再アサインする柔軟性を提供します。

組織の .xml ファイルは Bonita BPM ポータルからもエクスポートして、外部で手動変更してから、 Bonita BPM ポータルに再インポートして戻すことができます。APIを使用して組織を変更することもできます。

Bonita BPM Studio 内のカスタムユーザー情報を参照してください。

カスタム ユーザー情報を見る

  1. システム管理者権限でログインします。
  2. [組織] メニューに進んで、[ユーザー] をクリックします。
  3. リスト内のユーザーを選択し、名前をクリックします。
  4. [詳細…] をクリックします。
  5. カスタム ユーザー定義とその値は「その他」という最後のゾーンに表示されます。

カスタム ユーザー情報を編集する

  1. システム管理者権限でログインします。
  2. [組織] メニューに進んで、[ユーザー] をクリックします。
  3. リスト内のユーザーを選択し、名前をクリックします。
  4. [詳細…] をクリックします。
  5. カスタム ユーザー定義とその値は「その他」という最後のゾーンに表示されます。
  6. 画面のトップ右コーナーの [利用者情報の変更] をクリックします。
  7. [利用者情報の変更] のポップアップ ウィンドウ内の [その他] タプをクリックします。
  8. 定義(Bonita BPM Studio で定義済み)の値を入力します。この値はそのユーザーだけに追加されます。
  9. [保存] をクリックし、ポップアップを閉じます。
  10. 定義の新しい値が更新され、「その他」という最後のゾーンに表示されます。

注意: 値の変更は、アクターフィルタを変更し、異なるタスクにユーザーをマップします。